交通事故被害者の苦痛

被害者の弱みとしては、心身の苦痛や事故により仕事を休業せざるを得なくなるなど経済状況に苦しむ状態に陥り、早くお金をもらわないと生活が苦しくなるということです。ところが保険会社としては、保険の範囲内でできる限り支払額を少なくするための示談交渉をしてくるわけですから、対応が事務的、機械的になり、被害者にとって精神的に苦痛となるような状況にならざるを得ません。被害者は示談をすれば早く賠償金がもらえると考え、気持ちばかりが焦ってしまい、相手が提示した示談金額を急いで承諾してしまっては損をするだけです。正当な賠償金をもらえるよう納得できる交渉をし、正当な請求額を理解した上での駆け引きも必要になってくるのです。

保険制度では、自賠責保険では被害者請求が可能ですし、死亡した際は仮渡金も出ます。しかし、最終的には弁護士に依頼し、仮処分という方法で治療費や生活費の支払いを裁判所から命じてもらうこともできます。このように、被害者が心身の苦痛から解放され、健康を取り戻し、一日でも早く通常の生活に戻れるよう、精神的な苦痛の多い保険会社との示談交渉は、弁護士に依頼して身を委ねるのが得策であり、有益なことなのです。