交通事故被害の示談

現在、日本における交通事故のうち、裁判にまで発展するケースは2%程度で、ほとんどが示談で解決しているのが現状です。しかし、被害者側にとっては、自分の言い分もうまく言えず、正当な賠償金も取れずに泣き寝入りするのは、納得がいかないはずです。なんとか優秀な弁護士に依頼して裁判に持ち込み、正当な審判を仰ぎたいものです。

しかし、現状では、ほとんどが加害者側の保険会社による示談交渉により、裁判所の正当な基準より相当低い額で示談が決まります。現在の保険会社の示談による基準や提示額はかなり低く、正当な相場の4~6割しかもらえません。保険会社側としては利益を優先しますから、少しでも低い賠償額で示談交渉に持ち込みたいのは当然のことであり、示談で正当な賠償額をもらうことは、ほとんど不可能に近いのが実情のようです。交通事故の示談交渉は、加害者側の保険会社との対応になるため、担当者の地位を確認し、委任状の提示を受けるのが妥当です。そして、示談書を作成する際には、印鑑証明書付きの委任状をつけてもらうようにすべきです。

被害者側としても自分一人だけでは不安であるため、弁護士や行政書士などといった法律専門家の支援を受けるのが得策です。ただし、交渉の際には同席して一緒に話すようにしましょう。当サイトでは、交通事故被害者の示談交渉の際の注意点やタブーとなるような行為など、マニュアル的なノウハウについて紹介していきます。