示談交渉のための知識

示談交渉の際、知っておきたい知識として、過失割合があります。これは、示談金額に大きく影響するもので、当事者間の責任割合を示すものです。被害者は、過失割合によって損害賠償金額を減額されてしまう可能性があるので、正当な過失割合を知るためにも、弁護士に相談を仰ぎ、事案に応じた適切な過失割合の基準に沿った損害賠償額の提示を受けるべきです。

また、後遺障害等級の認定を受けることも高額な示談金を受け取る上では重要なことです。後遺障害慰謝料の金額も1級から14級までの等級に応じて高額になるので、見逃せない点です。そのため、治療の状態にもよりますが、後遺障害の認定に適応するか確認するためにも、症状が固定するまでは治療を最後まで続ける必要があります。その手続きも弁護士に依頼することによって、適切な等級の認定を受けやすくなります。

最後に、弁護士基準があります。これは、自賠責保険や任意保険に比べて、交通事故の損害賠償金の計算方法の中でも賠償金額が最も高額になります。そのため、示談交渉は弁護士に依頼することが重要であり、示談金額の査定をおこなってもらうことが、高額な示談金をもらうベストな交渉手段と言えるのです。